初心者 向け。登山用品 (装備 と 服装) の紹介サイト

登山用品.net

登山 の 服装

【ベースレイヤー】 登山 に適した アンダーウェア,インナー を教えて

登山 で着るべき アンダーウェア,インナー のまとめ

ベースレイヤー,おすすめ

 

選び方をまとめると

  • アンダーウェア,インナーは 化学繊維・天然素材 を選ぼう。
  • アンダーウェア,インナーは 綿を避けるべし!
  • インナーシャツ の タイプ は お好みで。

 

スポンサーリンク

 

 

ベースレイヤー とは?

ベースレイヤー,おすすめ

 

登山では、一番下に着る肌着(アンダーウェア,インナー)のことを

「ベースレイヤー」と呼びます。

 

肌に密着する部分です。汗をよくかくので

速乾性と透湿性を重要視しましょう。

 

関連リンク:登山用 アンダーウェア の おすすめは?

 

大前提。ベースレイヤー は 綿を避けるべし!

ベースレイヤー,おすすめ

 

登山に向いていない

ベースレイヤー (アンダーウェア,インナー)は、

普段着に使われている 綿(コットン)

 

肌さわりがよいですが、汗を吸い込んで乾きにくいので、
着用は できるだけ避けましょう。

 

ベースレイヤー は 化学繊維 を選ぼう

 

ベースレイヤー,おすすめ,ドライフィット スポーツシャツ

TESLA HyperDri ドライフィット スポーツシャツ

 

アマゾン人気商品。100%ポリエステルを採用。

サラリとした快適な肌触りで

たくさん汗をかくスポーツシーンで大活躍。

 

ベースレイヤー に おすすめ なのが

ポリエステル などの 化学繊維

 

汗や湿気を素早く吸い取り、耐久性も高く

長く着ていられます。

 

ベースレイヤー,おすすめ

power dry S/S
power dry S/S (woman)
 
¥8,856 (税込)

 

適度な保温力と速乾性を兼ね備えたドライレイヤーは、

汗をかいた後の『濡れ冷え』を軽減してくれます。

汗をかいても匂いがつきにくいのもうれしいです。

 

ベースレイヤー,おすすめ,

 

欠点は

風通しが良くて寒さを感じやすいこと。

これは重ね着をすれば問題ありません。

 

ベースレイヤー,おすすめ

 

寒いからと言って ヒートテックを着ると、

歩いているうちに熱くなり 汗をかいてしまいます。

(体を温めるための肌着なので)

通気性も悪くて速乾性もないので、登山には向きません

 

関連リンク:登山 に最適な Tシャツ の おすすめ を教えて?

関連リンク:長袖Tシャツ,ロングスリーブTシャツ の おすすめ は?

 

下着、パンツ、ブラも、化繊を選びましょう

登山,アンダーウェア,スマートウール

スマートウール  M's メリノ150ボクサーブリーフ

 

ランニングに使うスポーツ用の下着を購入すれば

間違いありません。

 

ベースレイヤー,おすすめ

Honour Fashion レディース シームレス スポーツブラ

アマゾンで堂々の売り上げを誇る、スポーツブラ。

動きやすさにこだわった、ずれにくい太幅ストラップ設計。

 

 

関連リンク:登山用 アンダーウェア の おすすめは?

 

冬山 では 天然素材,ウール も おすすめ

ベースレイヤー,おすすめ,登山

 

ウールなどの天然素材は

保温性が高いので、秋冬の登山向け

消臭効果があり、汗をゆっくりと吸収。

汗冷えを防いでくれます。

 

欠点は、耐久性が低くて、お値段も高いこと。

夏場はどうしても蒸れちゃいます。

 

私は肌が敏感なので

毛がチクチク当たって着られたものではありませんでした。

肌質も考慮に入れつつ、ベースウェアを選んでくださいね。

 

ベースレイヤー,おすすめ,登山

 

メリノウール を使ったウェアは 蒸れにくく、

チクチク感もあまりしないので オススメ です。

 

 

ベースレイヤー,おすすめ,登山

smartwool M's メリノ150 ベースレイヤー ロングスリーブ

 

関連リンク:長袖Tシャツ,ロングスリーブTシャツ の おすすめ は?

関連リンク:寒い時期に着る、登山 用 インナー の おすすめ は?

 

登山 で着る インナーシャツ の 種類

クルーネックタイプ インナー

ベースレイヤー,おすすめ,登山

[Mizuno] トレーニングウェア ナビドライ Tシャツ半袖

 

首回りがスッキリしている

クルーネックタイプは、

重ね着がしやすい という利点があります。

 

V字型、U字型の差は気にしなくていいでしょう。

デザインが豊富で、好みに合わせたシャツを選べるのも うれしい点です。

 

 

関連リンク:登山 に最適な Tシャツ の おすすめ を教えて?

 

ハイネックタイプ ジップネック インナー

ベースレイヤー,おすすめ

(ミレー)Millet エイラ ジップ ロングスリーブ 

快適性に優れるハイネックのアウトドア用シャツ。

クライミング向けに調整されています。

 

ハイネック は 首元まで布で覆っているタイプ

主に春先、秋口、冬登山用のインナーですね。

 

シャツの首元にファスナーがついており、

ファスナーを開閉することで体温調節が可能です

 

 

関連リンク:寒い時期に着る、登山 用 インナー の おすすめ は?

関連リンク:長袖Tシャツ,ロングスリーブTシャツ の おすすめ は?

 

メッシュ素材 の インナーシャツ

ベースレイヤー,おすすめ,スキンメッシュT

ファイントラック(finetrack) スキンメッシュT メンズ

ファイントラック(finetrack) スキンメッシュT Women's

 

メッシュ素材は 肌に直接着用することで

外側に汗を逃がします。

生地が張り付く、ベタベタから解放されます。

 

透湿性が高く、常にさらさらな着心地をお約束。

生地が濡れないので汗冷えすることなく、快適な登山を楽しめます。

 

ベースレイヤー,おすすめ,

実際に買ってみました

 

汗 が 生地を そのまま通過するので

吸汗用 の 化繊Tシャツ を

外側に着ておく とベストです。

 

 

 

 

ベースレイヤー,おすすめ,ドライナミックメッシュ 3/4シャツ

ミレー ドライナミックメッシュ 3/4シャツ

ミレー ドライナミック メッシュ 3/4 スリーブ [レディース]

厚手のメッシュ素材で構成されているドライシャツ。

上に着たレイヤーに素早く汗を逃がすことで
夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。

女性用は通気性の高いブラカップ付き。

 

 

関連リンク:登山 に最適な Tシャツ の おすすめ を教えて?

 

ベースレイヤー を 安く済ませたい

ベースレイヤー,おすすめ

 

試しに山に登りたいだけで、そこまでお金をかけたくない。

そんな人は普段使いしている洋服から

ベースレイヤー を探しましょう

 

日頃から運動をしている方は
ジャージやトレーニングウェアをお持ちだと思います。

トレーニングウェアは化繊100%のモノが多いので
アンダーウェア,インナー はそれでいきましょう。

 

ベースレイヤー,おすすめ

 

登山用ではないので、重さ や 耐久性 透湿性 といった面では

登山用インナーより劣るかもしれません。

 

秋冬にかけての登山では

透湿性 に加えて 保温性 も要求されるので

不安なら 登山専門店 で

専用のインナー をお買い求めください。

 


ベースレイヤー,おすすめ


ベースレイヤー,おすすめ


ベースレイヤー,おすすめ


ベースレイヤー,おすすめ

 

まとめ

ベースレイヤー,おすすめベースレイヤーには、化繊か天然素材を選ぶ

綿は速乾性がないので避けるべし

 

 

汗をかいて濡れたままの衣服を着ていると、風邪をひいちゃいます。

山 は冷たい風が吹く特殊な環境 ということを意識してくださいね。

 

関連リンク:登山用 アンダーウェア の おすすめは?

関連リンク:登山 に最適な Tシャツ の おすすめ を教えて?

関連リンク:長袖Tシャツ,ロングスリーブTシャツ の おすすめ は?

関連リンク:寒い時期に着る、登山 用 インナー の おすすめ は?

【PR】

いま売れています!

CaloicsR速乾タオル

吸水力と速乾性に優れ、肌さわりもよいマイクロファイバータオルです。2枚セットでこのお値段! カラーも7つから選べるとあって、アマゾンで大人気の商品です。

-登山 の 服装
-, , ,

Copyright© 登山用品.net , 2019 All Rights Reserved.