初心者 向け。登山用品 (装備 と 服装) の紹介サイト

登山用品.net

登山 の 装備

初心者 向け。登山 ザック,バックパック の 選び方

登山 初心者 は どんな ザック を 選べばいいの?

登山,ザック,選び方

 

登山ザックについてまとまると

  • ザックの容量は、中型(40リットル前後)がオススメ。
  • ザックカバー がついているか、チェック!
  • 腰と肩に ベルト がついている モデルを選ぼう

 

スポンサーリンク

 

 

登山 ザック 選び の基本

登山,ザック,選び方

[ザ・ノース・フェイス] リュック テルス 45

軽量性&耐久性に優れたバランスの良い中型バックパック。

 

 

専門店には、さまざまなサイズのザックが並び

デザインもそれぞれ違います。

 

値段もピンからキリまで。

私も最初はどれを選んでいいかわからなくて、途方にくれました。

 

登山,ザック,選び方

 

ですが、ご安心ください。

3つのポイントで絞り込んでいけば、
あなたにピッタリのザックを選ぶことができますよ。

 

登山 ザック の容量は、用途別に 選ぼう

登山,ザック,選び方

 

ザックには容量があり、登る山によって使い分ける必要があります。

  • 小型 20~30リットル トレッキング,軽登山用
  • 中型 30~50リットル 中型山岳,日帰り,小屋泊用
  • 大型 50~70リットル テント泊用

 

初心者の方は、大型を背負ってのテント泊は オススメしません。

かといって、小型のザックを買うと荷物が増えたときに困ります。

 

そこで、

初心者は『中型のザック』を選ぶといいでしょう。

 

 

登山,ザック,選び方

カリマー ridge 40 medium

24,300(参考価格) 容量 40L

 

容量が余る分には問題ないので、オールラウンダーをチョイス。

中型タイプは種類が多く、好みのデザインが見つかりやすいです。

 

登山,ザック,選び方

 

高尾山や尾瀬といった低山なら

20リットルもあれば大丈夫

一般的な登山では、30リットル。

 

富士山は小屋泊を行うので

40リットルは欲しいです。

 

以上のことからも、

『30~40リットル前後の中型ザック』を選めば、

買い替える必要もなく、お財布にも優しいでしょう

 

 

登山,ザック,選び方

ドイター フューチュラバリオ50+10

 容量:50+10L

 

ザックの容量は目安です。

同じリッター表記でも、メーカーによって収納力は異なります。

容量が小さくても図体はでかい、というザックもあるので要注意。

 

なお、50L以上の大型は縦走、テント泊、雪山用です。

初心者には(まだ)必要ありません。

 

関連リンク:【小型,中型】登山 用 ザック,バックパック の おすすめ

関連リンク:【大型】登山 ザック,バックパック の おすすめ

 

登山 ザック の 選び方 : ザックカバー がついているか

登山,ザック,選び方

 

ザックカバーとは

雨が降ったときに使う防水カバーのこと。

 

カバーがないと、中身がびしょ濡れになってしまいます。

登山の必需品なので、必ず準備しておきましょう。

 

登山,ザック,選び方

 

個人的にオススメしたいのが

ザックのお尻の部分に カバーが収納されているタイプ。

 

お尻の部分にしまってあるので邪魔にならないですし

専用カバーなので、生地を余らせることなく綺麗に覆えます。

 

ザックカバーがついていないデザインも多いので、

別売りされているカバーを買いましょう。

 

関連リンク:ザックカバー の おすすめ を教えて!

 

登山 ザック の 選び方 : 機能性で選ぶ

登山,ザック,選び方

 

街で使うナップザックとは違い

登山用のザック,バックパックには

荷物を快適に背負うための、さまざま機能が備わっています。

 

そんな中で特に注目すべきなのは、以下の3点になります。

 

登山 ザック の 選び方 : 腰のベルト(ウエストハーネス)がついているか

登山,ザック,選び方

 

重い荷物を背負うコツは

肩ではなく腰でも荷重を分散させること。

 

腰にベルト、もしくはウエストポーチがついている

ザックを選ぶと肩と腰の両方で 荷物を支えられます。

 

 

登山,ザック,選び方

 

私が特にオススメしたいのが、

ベルトがウエストポーチになっているタイプ。

 

チョコや飴といった行動食を入れておけば

歩きながら摂取できます。

 

登山 ザック の 選び方 : 胸のベルト(チェストハーネス)がついているか

登山,ザック,選び方

カリマー ridge 40 medium

 

腰と同じく重要なのが

胸の前でベルトを締められるかどうか。

肩、腰、胸のベルトを締めることで

ザックが体にフィットします。

 

荷物が重さで体が傾くと、上手に山を登れません。

疲れの原因になるので、胸にベルトがあるタイプを選びましょう。

 

登山,ザック,選び方

カリマー / ストラータ 50 タイプ2

 容量:50L

 

登山 ザック の 選び方 : 背面にクッションがあり、通気性があるか(ランバーパッド)

登山,ザック,選び方

 

登山用のザックの背面には、クッションがついています。

これは腰に荷重を乗せるための工夫で、背中の痛みを軽減します。

クッションの質は、フィット感にもつながります。

 

隙間を空けることでムレ対策にもなっており、

汗をかいたときに背中から空気を入れることで

湿気や熱を逃がしてくれます。

 

安いザックだと、ランバーパッドがないモノが多いです。

山登りは長時間に及ぶので

通気性にも気を配ってください。

 

登山,ザック,選び方

Gregory(グレゴリー) バルトロ65

容量:65L

 

 

その他、ザック の機能説明

登山 ザック の 選び方 : 肩ベルト(ショルダーハーネス)

登山,ザック,選び方

パーゴワークス(PaaGoWORKS) バディ33

容量 33L

 

荷物を背負うときに使うベルト。

肩パッドがついている。

パッドの大きさ厚みなど、メーカーによって違うので

自分の肩に合ったものを選ぶといいでしょう。

 

登山 ザック の 選び方 : メイン部分

ザック,おすすめ,カリマーリッジ40

 

ザックの収納部分。

仕切りがない「一気室」と、仕切りがある「多気室」がある。

荷物が多くなって仕分けが大変なときは 多気室タイプを選ぼう。

 

登山 ザック の 選び方 : フロントポケット

登山,ザック,選び方

 

ザックの前面にある大型のポケット。

取り出しやすい位置にあるので、

頻繁に出し入れするアウターや濡れやすい雨具

地図などを入れておくと便利。

 

登山,ザック,選び方
背負い心地のよさリュックなら【カリマー】

 

関連リンク:デイパック は日帰り登山、山頂アタックのおとも!

 

登山 ザック の 選び方 : サイドポケット

登山,ザック,選び方

karrimor utility25 カリマー ユーティリティ25

10,584(参考価格) 容量 25L

 

ザックの側面にあるポケット。

トレッキングポールなど細長いものを くくりつけられる。

個人的には、移動中に飲む水(ペットボトル)を入れています。

 

登山 ザック の 選び方 : ハイドレーションシステムに対応している

登山,ザック,選び方

 

ハイドレーションを使う方は、

チューブを出すための穴が開いているかチェックしましょう。

登山用のザックなら、ほとんどのモノが対応していると思います。

 

 

登山,ハイドレーション
Platypus(プラティパス) ビッグジップLP 2.0L

関連リンク:【登山の装備】ハイドレーション システム の おすすめ

 

まとめ

登山,ザック,選び方ザック選びのポイントは、容量とフィット感。

容量はオールラウンドで使える

中型(40リットル前後)がオススメ。

 

機能としては、ザックカバーつきで腰ベルト、肩ベルト、背面にクッションがあるザックを選びましょう。

『パッキングのコツ』についてはこちら からどうぞ

 

関連リンク:【大型】登山 ザック,バックパック の おすすめ

関連リンク:【小型,中型】登山 用 ザック,バックパック の おすすめ

関連リンク:デイパック は日帰り登山、山頂アタックのおとも!

関連リンク:【登山】スタッフバッグ,ドライバッグ の おすすめは?

関連リンク:ザックカバー の おすすめ を教えて!

【PR】

いま売れています!

Garmin eTrex 30x 日本語仕様

いまどきのGPSといえば、ガーミンeTrex30x。コンパクトで、単三電池2本で最大25時間駆動。登山のおともに自信を持っておすすめできます。

-登山 の 装備
-, , , ,

Copyright© 登山用品.net , 2019 All Rights Reserved.