登山 の 装備

登山 で テント泊 をしたい! おすすめ の 登山用 テント を教えて?

登山用 テント の おすすめ をまとめると?

登山,テント,おすすめ

 

おすすめテントはこれだ

  • 初心者は、3シーズン用を選ぶ。オールシーズン用はもてあます。
  • 外壁はダブルウォール。結露と風雨を防いで、保温性もある。
  • 山のキャンプ場はペグを打てない場合も。自立タイプを選ぼう!

 

スポンサーリンク

 

 

このサイトでは「山登りでテント泊をする」際の
おすすめテント、ポイントを紹介しています。

一般的なキャンプでは、3~4人用の大型テントを使用すると思いますが、
登山では軽量化も考慮に入れています。

 

アウトドア用、キャンピング用のテントは
他サイト、キャンプ用品店 でお調べください。

 

 



アウトドア用品【L-Breath】

 

 

登山用 テント を選ぶ際のポイント

登山,テント,おすすめ

テントはロマンがありますよね

 

まずは『登山用テント』を選ぶ際の
注意点、ポイントを説明したいと思います。

 

登山,テント,おすすめ

 

山登りでは、やはりテントの軽量化が重視されます。

 

日本の登山用品メーカーは、日本人用にカスタマイズした
軽量テントを多く発表しています。

高温多湿な日本の環境も考慮されているので、
できるだけ、日本のメーカーのテントを選びましょう。

 

3シーズン用か、オールシーズン用か

登山,テント,おすすめ

 

テントには、春~秋用のテントと、
真冬の登山でも耐えられる本格的なテントがあります。

 

オールシーズン用は重くて値段も高いので
初心者にはおすすめしません。

元々、初心者が冬山に入ることは自殺行為なので
3シーズン用のテントを選びましょう。

 

何人用のテントを買えばいいの?

登山,テント,おすすめ

 

一人用か二人用か、家族用かは

登山計画によって購入してください。

当然ですが、大きい方が快適に過ごせますが重くなります。

 

大型の人の場合、小さすぎるテントを買うと
脚や頭が壁に当たり、外気で冷える可能性があります。

使用者の体格、人数を考慮してテントのサイズも選びましょう。

 

ウォール(壁)の種類

登山,テント,おすすめ

 

風雨から使用者を護ってくれる
テントの外壁にも種類があります。

 

シングルウォールは軽くて安いですが

雨や結露に弱いのが難点。

 

登山,テント,おすすめ

 

ダブルウォール は かさばりますが

壁の間に隙間を設けることで、

結露を防ぎ、雨や風もしのいでくれます。

 

保温性も高く、春や秋の登山にも耐えられるので、
登山ではダブルウォールがスタンダードになっています。

 

自立タイプか、非自立タイプか

登山,テント,おすすめ

外壁とテントの間にある、地面が露出している作業空間が「前室」

 

テントを立てる際
ペグ(テントを地面に固定する器具)を打たなくても
テントの形を保てるアイテムがあります。

キャンプ場によっては、
ペグを打てない場合(岩場とか、スペースが狭くて)もあるので
登山 のテント泊 では自立型が おすすめ です。

 

登山用のテントは、前室(作業用の空間)があるタイプが多く

前室を作るのはペグを打つ必要があります。

 

登山用のテントは半自立型が多いので

おすすめも「半自立型」になります。

 

登山 の おすすめ テント をまとめると?

登山,テント,おすすめ

 

3シーズン用のダブルウォール

自立or半自立タイプのテントが、

登山における 初心者 おすすめ テント です。

 

テントのサイズは、
収容人数と使用者の体格に合わせて選んでください。

 

登山,テント,おすすめ

 

可能であれば、軽量&安価なテントを選びたいものですよね?

 

というわけで、おすすめテントをご紹介。

お気に入り&実用的な、登山用テントで
楽しく山登りライフをお送りください。

 

関連リンク:登山 で テント泊。テント シート の 役割とは? おすすめは?

 

おすすめ 登山用 テント

登山 テント : ライペン トレックライズ0

登山,テント,おすすめ

ライペン トレックライズ0 純正アンダーシート付

 重量:1,250g /収容人数:1人

 

「トレックライズ」はテントの広いパネルに
解放感のある大きな半月型の入り口を持った3シーズンテント。

登場から20年以上経ち、
今なお人気がある定番 トレッキングテント です。

 

登山,テント,おすすめ

 

出入り口が大きく開くため、開放感があります。

支柱の設営にひと工夫してあり、一人でも簡単設営が可能。
初心者におすすめです。

 

重さも1,250gと、トップレベルの軽さを誇ります。
ただし、一人用です。

 

 

こちらは二人まで収納可能なモデルです。

 

登山 テント : ライペン エアライズ1

登山,テント,おすすめ

ライペン エアライズ1

 

1人用(最大2人)
1,360g(本体+フレーム+フライシート)

【サイズ】間口100×奥行205×高さ105cm
【収納サイズ】直径14cm×29cm フレーム38cm

※エアライズ1テント(42,900円)と
純正アンダーシート(3,850円)のセットです

 

ライペンのテントシリーズで不動の人気を誇るのが
エアライズです。

トレックライズより重さが増していますが
その分だけ耐久度が上がっています。

登山テントのアーキタイプで
ほとんどの人が使っています。

 

登山,テント,おすすめ

 

その理由は使う場所と使い手を選ばないオーソドックスさ。

ダブルウォールタイプで一人でも設置しやすく、
シンプルなので組み立てで迷うこともありません。

軽量面では他と劣りますが
耐久度、値段などのトータルバランスがよく
最終的にエアライズに落ち着きます。

テント選びに迷っていたらこれ!

 

 

登山 軽量 テント : ニーモ タニ1P

登山,テント,おすすめ

NEMO(ニーモ・イクイップメント) タニ1P

重量:1.06g /収容人数:1人

 

機能性を妥協することなく軽量さも求めた登山テントです。

日本の山を考慮したダブルウォールのテントで、
ベンチレーション機能も備えています。

 

登山,テント,おすすめ

 

フライシートの素材はテープを必要とせず、
高い強度を誇るシリコンナイロンを採用し耐久性が向上しました。
使い勝手のいいテントです。

 

 

登山 テント : ファイントラック カミナドーム1

登山,テント,おすすめ

finetrack(ファイントラック) カミナドーム

 

外張りや内張も拡張できる
日本の環境に合わせた優れた本格山岳テントです。

 

登山,テント,おすすめ

 

群を抜くコンパクト性と最高レベルの軽量性を実現。
ポールの長さを変えることで天井が広がり、
快適な行動空間を生み出します。

強度の高い記事、凍結に強いファスナーなど
細部にもこだわってますよ。

 

 

二人用はコチラです。

 

 

登山 テント おすすめ : エムエスアール(MSR) エリクサー

エムエスアール(MSR) エリクサー1

 

出入り口とサイドのパネル窓にメッシュを採用。
常に新鮮な空気が入ってくる、夏場におすすめな登山テント。

 

登山,テント,おすすめ

 

2本のポールを2箇所で交差させ、
天井部にさらに短いポールを追加することで
箱型に近い空間をつくり、快適な居住性を実現しています。

 

 

登山,テント,おすすめ

 

生地が丈夫で痛みにくく、長く使うことができます。
その上、お値段もお買い求め安く、設営も楽々。
初心者が手を出しやすいのも魅力です。

 

登山,テント,おすすめ

 

 

こちらは二人用です。

 

 

登山,テント,おすすめ

登山 二人用 テント の おすすめ

登山 テント : ライペン オニドーム2

登山,テント,おすすめ

ライペン オニドーム 2

 重量:1,480g /収容人数:2人

 

台形フロアを採用することで、ペグを打たずとも
広い前室空間を作り出すことに成功したモデル。

 

登山,テント,おすすめ

 

前室があるので雨の日でも、炊事には困りません。
早朝や春や秋の気温が低い環境でも、快適に作業を行えます。

 

 

一人用は、1,290gと軽いのもポイントです。

 

登山 テント : エスパース デュオ・アルティメイト

登山,テント,おすすめ

ESPACE(エスパース) デュオアルティメイト

 重量:1,550g /収容人数:2人

 

テントの老舗エスパースの3シーズン用の主力アイテム。
逆U字に開放される入り口は、出入りが楽です。

 

登山,テント,おすすめ

 

出入り口の反対側には、ファスナーで開く大きな窓が。
小物の受け渡しが出来るほか、風通しもよくなります。

 

別売りの外張シートを使えば、
冬山にも対応できるオールラウンダー。

オーソドックスなクロスポール式で、
冬期にテントが凍ったときも設営しやすいです。

 

 

シートゥサミット / テロスTR2プラステント

SEA TO SUMMIT テロスTR2プラステント

就寝人数:2人
総重量:1,813g

 

二人用の軽量な自立型のテントです。

独自のハブ構造と跳ね上げ式のポールで
圧倒的な広さを誇る室内を実現しました。

 

 

汎用性の高い3シーズンテントで
アルプスなどの高山を吹く雨風にも頑張って耐えます。

 

 

 

ビッグアグネス / フライクリークHV UL2

登山,テント,おすすめ

BIG AGNES フライクリークHV UL2

 

二人用で1kgという軽さを実現した登山テント。
足下をペグで固定する半自立型なのでご注意。

 

登山,テント,おすすめ

 

蒸し暑い夏の登山向けにカスタマイズされており、
内部のメッシュが風通しをよくしています。

テントポールにも工夫を施し、内部も広めになっています。

 

 

まとめ

登山,テント,おすすめ登山におけるテントは、軽量と保温性が大事。
自立タイプでダブルウォールのテントを選び、快適にキャンプをお楽しみください。

テントは実物を見ないとサイズ感をつかめないので、
登山用品店に赴いて実物を見てからのご購入をおすすめします。

 

関連リンク:登山 で テント泊。テント シート の 役割とは? おすすめは?

関連リンク:テント泊 に便利な キャンピング ツール の おすすめ は?

 

関連リンク:『 登山 計画 』の立て方は?

関連リンク:シュラフとは? 寝袋 の使い方 を教えて

関連リンク:【登山の装備】ランタン の おすすめは?

【PR】

いま売れています!

ミレー ヴォヤージュ・パッデッドポーチ

モバイルやデジカメなどの収納に便利な外付けナイロンポーチ。吊り下げループつきで、左右どちらからでもジッパーが開きやすいように作られています。 

-登山 の 装備
-, , , , ,

© 2022 登山用品.net