登山 の 服装

【登山の服装】 ミドルレイヤー の おすすめは?

ミドルレイヤー,ミドルウェア についてまとめると

ミドルレイヤー,おすすめ

 

簡単にまとめると

  • ミドルレイヤー,ミドルウェア は、アウターの下に着る保温性の高い服。
  • インサーレーションベスト や フリース が おすすめ。
  • 重ね着をして簡単に着脱! 体温調整を心がけよう!

 

スポンサーリンク

 

 

ミドルレイヤー,ミドルウェア とは?

ミドルレイヤー,おすすめ

 

ミドルレイヤーとは、

ダウンジャケット や フリース など

保温性の高いウェアのこと

 

アウターレインウェア)の下に着こみ、

ベースレイヤーアンダーウェア、インナー)の

上に羽織ります。

 

空気を溜めるミドルレイヤー(中間層)を作って

体温を維持する働きがあります。

 

ミドルレイヤー,おすすめ

 

ミドルレイヤー は、肌寒さを感じる

春先や秋・冬の山、夏の高山

早朝登山、富士山などで必要になります。

 

登山ウェアは汗をかくことが前提なため

透湿性が高い素材で作られています。

 

その分、通気性も高くて風が吹くと

暖かい空気が逃げてしまいます。

 

熱が外に逃げないよう、

ミドルレイヤーの上にアウターを羽織りましょう。

 

関連リンク:晩 秋、冬山 登山 向け。ミドルレイヤー の おすすめ は?

関連リンク:【登山の服装】 アウター とは? 何を着ればいいの?

 

ミドルレイヤー,おすすめ

 

夏山や春の登山など、

Tシャツの上に一枚羽織りたいときは

長袖シャツ が おすすめです。

長袖シャツが一枚あれば、日焼け、虫刺され
怪我の防止と、寒さ対策も可能になります。

ジャケットがいらない夏場は、
ミドルレイヤー代わりに長袖シャツを
持参するのもよいですよ。

 

関連リンク:登山 で 着る 長袖シャツ の おすすめ は?

 

夏 でも ミドルレイヤー は必要なの?

ミドルレイヤー,おすすめ

 

夏の低山、夏の日帰り登山に挑戦するなら必要ありません。

2000M級の中級山岳に登るなら

夏でも保温着は必要です。

 

ミドルレイヤー,おすすめ

 

山の上は風があり

汗をかいた状態で休憩すると冷えてきます。

夏山でも、夕方~夜に行動するなら

保温着を持っていきましょう。

 

関連リンク:秋、冬山 登山 向け。ミドルレイヤー の おすすめ は?

 

ミドルレイヤー : フリースジャケット の おすすめ

ミドルレイヤー,おすすめ
ミズノ ストレッチフリースライトジャケット

 

フリース は

ミドルレイヤー の代表格。

 

保温性と透湿性を兼ね備えた優れもの。

伸縮性もあり、快適な着心地を約束してくれます。

 

ミドルレイヤー,おすすめ

 

フリースはダウンに比べて汗の乾きが早いので

長く着ていられます。

そのため定番アウトドアウェアとして重宝されています。

 

フリース,登山

 

問題点は、気軽に着脱ができないこと。

 

熱くなったから脱ごう! と思っても、

(特に女性は)ひと目が気になって脱げません。

 

ミドルレイヤー,おすすめ

 

着脱がしやすい

ジッパータイプを選ぶようにしましょう。

フロントジッパーなら脱がずに体温調節が可能です。

 

 

 

 

ザ・ノース・フェイス / マウンテンバーサマイクロジャケット


ザ・ノース・フェイス / マウンテンバーサマイクロジャケット

 

軽量で優れた保温性を持つマイクロフリースを採用した
ジャケット。

 

 

 

パックのショルダーハーネスが当たる肩部分は、
耐摩耗性に優れたナイロン生地を使用。
シーンを問わず幅広く活用できる中間保温着です。

 

 

関連リンク:【ミドルレイヤー】登山 用 フリース の おすすめ

 

ミドルレイヤー : シェルジャケット の おすすめ

登山,シェルジャケット,おすすめ

 

シェルジャケットとは、

ストレッチ性のある耐水ジャケットです。

 

完全防水ではありませんが撥水性があり、

ダウンとはいかないまでも保温性があります。

フリースとレインウェアの中間に位置するウェアですね。

 

ミドルレイヤー,おすすめ,

 

冬の登山でなければ、アウターとしても使えます。

大雨は防げませんので、レインウェアは必ず持参しましょう。

 

レインウェア+シェルジャケットの組み合わせは

(冬山以外なら)オールラウンドに活躍してくれます。

 

ザ・ノース・フェイス  / クライム ライトジャケット

登山,シェルジャケット,おすすめ
ザ・ノース・フェイス クライムライトジャケット

ザ・ノース・フェイス クライムライトジャケット Women's

素材:ゴアテックス

 

三層構造ゴアテックスや止水ジップを採用し

防水性、軽量性を重視した定番レインジャケット。

ベーシックなデザインで

コーディネートしやすい仕上がりになっております。

 

登山,シェルジャケット,おすすめ

 

ド定番のアイテムで、これを着ておけばとりあえずオッケーという安定感がウリ。

耐久力が高く、タウンユースはもちろんアウトドアにも使える万能アイテム。

隙がないハイエンドな
仕上がりのレインジャケットです。

 

 

 

マムート : グラニット ソフトシェルジャケット フーデッド アジアンフィット

登山,シェルジャケット

マムート グラニット ソフトシェルジャケット フーデッド アジアンフィット

 

ハイキングや旅行、観光に活躍する
通気性と撥水性を備えたソフトシェルジャケット。

軽量スリムなシルエットで、重ね着はもちろん
単体でもアウターとして着られます。

アジアンフィットで日本人の体型にもピッタリ。

 

登山,シェルジャケット

 

防風性能と伸縮性があるため
サイクリングにも活躍するでしょう。

ガチ登山よりは、シティー寄りのアウトドアで
重宝する気がします。 

 

 

 

ファイントラック Men's ポリゴン2ULジャケット

登山,シェルジャケット,おすすめ

finetrack Men's ポリゴン2ULジャケット

 

オールシーズン対応のシェルジャケット。

適度な保温力を備えながら軽く、優れた通気性と汗処理能力も兼ね備え、
レイヤリングの相乗効果でウエア内の濡れや蒸れを軽減。

 

とにかく水に強く、軽量&保温性が高いので、
雨の登山や、スキー、雪山縦走など、
体が冷える環境で真価を発揮します。

夏登山で着ると暑いですので、上手に体温調節をしましょう。

 

 

 

関連リンク:シェルジャケット の おすすめ を教えて?

関連リンク:秋、冬山 登山 向け。ミドルレイヤー の おすすめ は?

 

スポンサーリンク

 

ミドルレイヤー : インサレーションベスト の おすすめ

登山,ベスト

 

インサレ―ションベストとは、

保温目的でアウターの内側に着込む

ミドルレイヤーのこと。

 

防風、撥水加工(防水ではない)されているベストが多く、

春や夏なら、長袖シャツやTシャツの上から羽織ることで、

ウィンドブレーカー代わりや

ちょっとした防寒アイテムにもなります。

 

ミドルレイヤー,おすすめ

 

登山の服装は重ね着が基本です。

ベストは袖がなく

上手に体温調整が行えます。

 

フリースなどに比べれば保温力が低めではありますが

肌寒さを感じるなら

その上にアウターを着れば問題ないでしょう。

 

ミドルレイヤー,おすすめ

 

 

ベストは、夏山などで思わぬ肌寒さを感じた時に
ささっと取り出して気軽に羽織れるのが特徴。

軽くてコンパクトに圧縮できるので
登山家の間で流行っています。

 

 

登山,ベスト

ザノースフェイス キャンプインサレーションベスト

 

羽毛、もしくは化繊綿が入ったダウンベストもあります。

こちらは秋冬登山、夏の高山などに着ていく保温性の高いベスト。

 

ただし、ダウン素材なので水はけが悪いのが弱点。

一度濡れると、なかなか乾きません。

 

ミドルレイヤー,おすすめ

 

私も汗で濡らした経験がありますが、

濡れたダウンを着たままだと逆に冷えてしまいます。

雨上がりの洗濯物のような匂いも……。

 

収納には、濡れた衣服をしまえて匂いもシャットアウトできる

ドライバッグが おすすめ です。

 

関連リンク:【登山】スタッフバッグ,ドライバッグ の おすすめは?

 

[ミズノ] アウトドアウェア サッカートラベルベスト

登山,インサレ―ション,ベスト

[ミズノ] アウトドアウェア サッカートラベルベスト

 

清涼感のあるサッカー生地を使用したトラベルベスト。

使い勝手がよくコーディネートしやすいのが特徴。

ミズノが長年培ってきた裁縫技術により、

身体の 動きをよりスムーズにし、不快なつっぱり感を軽減します。

 

透湿性と撥水性が優れており、

ウエア内を快適な状態に保ち、ちょっとした雨なら弾きます。

 

 

ミズノ / アウトドアトラベルウェア ブレスサーモ ライトウェイトダウンベスト

登山,インサレ―ション,ベスト

ミズノ  ブレスサーモ ライトウェイトダウンベスト

 

650fpダウンを使用したミズノのダウンベストです。
保温性は低めなので、夏の高山登山のお供にどうぞ。

 

 

ブレスサーモを芯地に使っており、軽くてあったか。
収納袋付きで持ち運びにも便利です。入門用におすすめです。

 

関連リンク:登山に着ていく ダウンジャケット,ダウンベスト を教えて?

関連リンク:登山,ハイキング に おすすめ な、ベスト Buy ベスト

 

ミドルレイヤー : ダウンジャケット の おすすめ

ミドルレイヤー,おすすめ,
patagonia(パタゴニア) M's Nano Puff Jkt

 

化繊綿や羽毛が入った ダウンジャケットは、

冬登山の定番アイテム

保温力がとても高く、厚い羽毛や綿が熱を外に逃がしません。

 

ミドルレイヤー,おすすめ,

 

問題点は、かさばること。

素材によっては重くなること。

 

冬山に入るのは危険です。

初心者さんがダウンジャケットを必要とするのは

もう少し先のことになると思います。

 

富士山に着ていく場合は

歩いているうちに身体が熱くなることを考慮してください。

 

ザ・ノース・フェイス / サンダーラウンドネックジャケット

ミドルレイヤー,おすすめ

THE NORTH FACE サンダーラウンドネックジャケット

 

身体が発する赤外線と反応して保温効果を発揮する
特殊なダウンと、撥水ダウン、化繊素材を組み合わせた

ハイブリッドなダウンジャケットです。

 

ミドルレイヤー,おすすめ

 

 

丸首タイプなのでアウターと干渉せず快適な着心地。

撥水機能付きなので、濡れても温かさを保ちます。

 

お値段もお手頃でバランスがよく、
ミドルレイヤーとして、おすすめです。

 

 

襟付きもありますよ。

 

サンダージャケット メンズ

 

 

ザノースフェイス / アストロライトジャケット

ザノースフェイス アストロライトジャケット

 

軽さと保温性を両立した軽量ダウンジャケット。

ナイロン生地で、しなやかな肌触りが特徴的。
薄いのでミドルレイヤーとして、中に着るのに最適。

 

 

薄目ですが900フィルパワーのダウンで保温性はバッチリ。
生地に撥水加工を施し、多少の雨は弾く仕様です。

 

 

アストロライトフーディ

 

マーモット / 1000イーズダウンジャケット

登山,ダウンジャケット
マーモット / 1000イーズダウンジャケット

 

1000フィルパワーのグースダウンを使用した
とても温かなダウンジャケットです。

超高品質のダウンを使っているおかげで
軽量化&保温力が増しました。

 

登山,ダウンジャケット

 

高性能でこのお値段はお買い得。
イザという時にさっと着られる、おすすめな
ダウンジャケットです。

 

 

関連リンク:登山に着ていく ダウンジャケット,ダウンベスト を教えて?

 

体験談(富士山 と ミドルレイヤー)

ミドルレイヤー,おすすめ

霧の富士山

 

富士山 は特殊な環境で、

昼の間は直射日光が降り注いで暑くなり、

夜は強風が吹いて肌寒いです。

 

標高が高くなると真冬の寒さになりますが、

5合目は初夏の気温を保っています。

 

ミドルレイヤー,おすすめ

 

私は途中で体温調節ができるように、

フリース

+ダウンベスト

アウター(レインウェア)

で富士山に登りました。

 

ミドルレイヤー,おすすめ

 

重ね着して体温調整を行うのは、

登山の基本です。

環境と状況に合わせて着脱できるような

登山用のコーディネイトを心がけてください。

 

まとめ

ミドルレイヤー,おすすめ体温調節も考えると、ミドルレイヤーは

ダウン + フリース が個人的におすすめ。

重ね着をして 上手に体温調節を行いましょう。

 

関連リンク:シェルジャケット の おすすめ を教えて?

関連リンク:登山,ハイキング に おすすめ な、ベスト Buy ベスト

関連リンク:【ミドルレイヤー】登山 用 フリース の おすすめ

関連リンク:登山に着ていく ダウンジャケット,ダウンベスト を教えて?

関連リンク:秋、冬山 登山 向け。ミドルレイヤー の おすすめ は?

【PR】

いま売れています!

ミレー ヴォヤージュ・パッデッドポーチ

モバイルやデジカメなどの収納に便利な外付けナイロンポーチ。吊り下げループつきで、左右どちらからでもジッパーが開きやすいように作られています。 

-登山 の 服装
-, , , , , ,

© 2022 登山用品.net